制服がない子供の喪服はどうしてる?

絶対に失敗できない子供の喪服

突然喪服が必要になっても慌てないために

大人の喪服は指定されており、さらに格式によって正喪服、準喪服、略喪服の3種類の喪服があり、これらをきっちり使い分ける必要があります。 では、子供の場合にもこのような正式なマナーがあるのでしょうか。 子供が着ていくべき喪服について、詳しくまとめました。

子供の喪服には指定がある?

できることならない方がいいのですが、お葬式やお通夜に突然参加しなければならないときもあると思います。
このような場合、ご遺族や故人に決して失礼のないよう細心の注意を払って参列しなければなりません。
振る舞いもそうですが、特に服装は目につきやすく、間違った装いをしては大変です。

大人の場合、お葬式や告別式では、ブラックフォーマルと呼ばれる喪服を着用することがマナーです。
大人の喪服は大抵の洋服屋に置いてあり、店が開いていれば急いで購入することもできます。

しかし、お子さんのブラックフォーマルというのは、めったに売っていないですよね。
これには理由があり、子供の正装は学校の制服であるため、基本的には制服で参列すれば済むからです。
制服をお持ちのお子さんの場合は問題ありません。
では、制服を持っていない場合はどのようにしたらいいのでしょうか。

赤ちゃんや幼児の場合、制服はまず持っていないと思います。
また、幼稚園や小学校によっては、制服ではなく私服で登園・登校することも多いです。

子供用のブラックフォーマルも存在するのですが、法事などに参列することが決まっているならともかく、すぐに体格が変わるお子さん用の喪服を、あるかも分からないお葬式に備えて購入しておく方は少ないと思います。

このサイトでは、制服を持っていないお子さんの喪服のマナーについてご説明します。
後になって、マナー違反だった…と後悔しないためにも、事前に知っておきましょう。

喪服に合わせる小物・髪型も注意

お葬式や告別式で黒い洋服を用意して一安心…だったらいいのですが、実は他にも身だしなみで気を付けるべきことがあります。 髪型や小物にもふさわしいものが存在するため、細かい点にも注意しなければなりません。 意外と見落としがちな髪型や、靴などの小物について確認してみましょう。

これだけはやってはいけない…NGな服装

子供の喪服については厳密なマナーがないことが多く、基本的には大きな問題にはなりません。 しかし、慶事で使われるものだったり、モチーフが悪い意味合いを持っていた場合は、大きなマナー違反になってしまうことがあります。 ここでは、NGな服装について例を挙げてご説明します。