突然喪服が必要になっても慌てないために

子供の喪服はそれほど決まっていない

結論から申し上げますと、子供の場合は大人のような喪服のマナーはありません。
正喪服、準喪服、略喪服の使い分けも、基本的には求められていないようです。

かといって、何を着てもいいわけではありません。
華美でなく無地で黒色のもの、黒がなければ紺やダークグレーの服が望ましいとされています。
なるべく光沢のない生地のものを選びましょう。
ジャケットやシンプルなワンピースなど、かちっとしたデザインだとなお良いです。
できれば、入学式などでも着まわせるようなものを1着買っておくと安心です。

小さいお子さんの場合、小さなポイントや、シャツやブラウスも許容される傾向にあるようですが、黒色の面積が大きくなるようコーディネートするのが無難です。

赤ちゃんの場合は?

基本的には、乳幼児はお葬式などに連れていかない方が望ましいとされています。
今はそれほど厳しくないようですが、ぐずって泣き出したり、ミルクやおむつの世話で抜けなくてはいけないことがあるため、預けられるなら人に預けた方がいいかもしれません。

ですが、どうしても預け先がない場合や、ご遺族が気にされない場合は、ぐずったときの対策をとって参列することもマナー違反ではありません。

赤ちゃんの喪服はできれば黒色・紺色・ダークグレーが望ましいですが、ベビー服だとマイナーなカラーになるため、なければベージュや白、淡い色の服でも問題ないようです。
ただし、キャラクターが印刷されているものや、カラフル過ぎるものは避けた方がいいようです。