これだけはやってはいけない…NGな服装

派手・華美なもの

お葬式や告別式は、厳粛に慎ましやかに行なわれるものです。
そこで、派手な格好をしていては大変失礼にあたり、場合によっては「悲しんでないのだろう」と思われてしまいます。

カラフルな洋服や、大きな柄物は避けてください。
黒色の洋服でも、大きな飾りがついていたり、ノースリーブやミニスカートなどの露出の高いものはNGです。
アクセサリー類も、きらきらするものや大きすぎるものはつけてはいけません。

カジュアル過ぎるものもよくありません。
パーカーやジーンズはもってのほかですが、つま先の出たミュールやサンダルなどを履いてきてしまうことはたまにあるようですので、注意しましょう。
また、変わった形状の靴下もNGですが、裸足で参列するのもNGです。

慶事や殺生を連想させるもの

慶事を連想させるアイテムは、失礼にあたります。
入学式や結婚式で使ったジャケットを着まわす際、ポケットチーフが入ったままになっていることがありますが、これはよくありませんので取るようにしましょう。
小物も洋服も、光沢のあるものは慶事用とされているため基本的にNGです。
特に金色の物は厳禁とされていますので、注意しましょう。

毛皮は高級感があるため、かっちりした洋服についていることがありますが、これは殺生を連想させるためNGと言われています。
リアルファーに限った事ではなく、フェイクファーもNGなので注意しましょう。
洋服についていなくても、会場まで着てきたコートについていたというケースもよくあるようです。